ジョブダス就活2023
お気に入り追加

道東あさひ農業協同組合

美しく豊かな酪農郷を目指して

本社所在地
北海道野付郡別海町
業種
官公庁・団体
企業特徴
北海道に本社がある、過去5年間赤字決算なし、女性が活躍している、従業員規模 100~500人、資格取得支援制度がある、研修制度がある、会社見学ができる

私たちはこんなことをしています!

≪営農計画の策定≫
私たちの大切な仕事の一つに組合員(酪農家)と営農計画を立てる仕事があります。計画期間は1月から12月の1年間。毎年11〜12月には、次年度に向けて牧場の規模や設備(トラクターや牛舎)の更新、経営方針などを見直し、さまざまなデータをもとに計画策定をサポートします。

私たちの自慢はここです!

豊かな大自然の中、見渡す限りに広がる牧草地。
そこに悠々と放牧された牛から搾られた新鮮な生乳を毎日休まず生産しています。
今、食料品の安全・安心が求められていますが、自然の姿そのままに育てられた牛から、「健康」で「おいしい」生乳を「高度で徹底した品質管理」のもと、
生産現場から皆さんにお届けしています。

私たちの仕事の魅力はここです!

「美しく豊かな酪農郷を目指して」
このスローガンは、私たちの働きを通じて「潤い」と「ゆとり」ある酪農生活の発展と実現を果たし、酪農家のみならず地域社会全体が豊かな農村生活を送ることを目的とした、地域に根付いた組織としての誇りを表しています。
JAの仕事は華々しいものとは言えませんが、誠実に、実直に暮らしや社会と向き合う、「人の役に立つ」「人から感謝される」仕事です。

事業内容 農業協同組合
代表者名 代表理事組合長 原井 松純
設立 2009年4月1日
資本金 39億893万円
売上高 470億5522万円(生乳・個体[牛]販売)
従業員数 218人(正職員)
事業所 別海町内[上春別支所,西春別支所]、根室市内[根室支所]
沿革 2009年4月 別海町3JA,根室市1JAが合併しJA道東あさひが誕生。
2014年6月 別海本所事務所を新たに建設。
HP https://www.ja-doutouasahi.or.jp
採用担当者 管理部人事課 加藤 晃二
メールアドレス koji.kato@ja-doutouasahi.or.jp
電話番号 0153-75-2201
Fax 0153-75-2135
所在地 〒086-0214
北海道野付郡別海町別海緑町 116番地9

総合職

①総合職
営農相談、生産販売、購買、金融共済
適性により配属先を決定します。
②家畜人工授精師
牛の人工授精に係る業務全般
③農業機械整備士
農業機械・車両に関する整備事業全般

職種 専門系、公務員、団体職員、総合職
雇用形態 正社員
ポイント 社会保険完備、交通費支給、既卒可、第二新卒可、車通勤OK、制服あり、人と接する
応募資格 ①総合職 全学部全学科
自動車運転免許必須(取得見込み可)
②家畜人工授精師 全学部全学科
自動車運転免許必須(取得見込み可)
家畜人工授精師免許(取得見込み可、取得希望者)
③農業機械整備士 全学部全学科
自動車運転免許必須(取得見込み可)
ガソリン自動車整備士(取得見込み可)
勤務地

別海町、根室市

初任給 164,840円 ~ 194,700円
初任給備考 月給制

基本給:大卒181,660円
   短大等160,840円
   大学院190,700円
諸手当:4,000円 ※最低額。最高20,000円

勤務時間帯 日勤

事務所 平日 8:45~17:00 土曜 8:45~12:00
※配属先により異なる

休日・休暇 年間休日98日
有給休暇,特別休暇[慶弔他],育児休業,介護休業
福利厚生 労災,社会保険,退職金,職員公宅,制服・備品貸与,通信教育,
慰安旅行,慶弔見舞金,インフルエンザワクチン助成,厚生資金貸付
待遇(手当・賞与・昇給など) 【手当】家族手当 6,000~13,000円/人
    住宅手当 4,000~20,000円
    職務手当 3,000~25,000円
    燃料手当 40,000円※世帯主の概算
【賞与】年4.6ヵ月(夏2.1ヵ月冬2.5ヵ月)
【昇給】年1回(4月)
採用予定人数 5人
エントリー方法 ジョブダス就活からエントリーしてください。
選考方法 書類選考,筆記試験,適性検査,面接
面接地

〒086-0214
北海道野付郡別海町別海緑町 116番地9

面接地備考 別海本所事務所 ※最終面接
インターン受付 有り
過去3年間の新卒採用者数 38人 R2-10人,H31‐12人,H30-16人
過去3年間の新卒離職者数 6人 ※R2,H31,30年分
過去3年間の新卒採用者数の男女別人数 男性23人
女性15人
研修の有無
具体的な内容(研修) 新採用職員研修,酪農基礎研修他
メンター制度の有無
キャリアコンサルティング制度の有無
具体的な内容(キャリアコンサルティング制度) 人事考課制度(目標設定,育成面接)
社内検定などの制度の有無
具体的な内容(社内検定などの制度) 全国共通して農協職員資格認定試験があり、初級・中級・上級・特級の基本資格等があります
平均有給取得日数 7.4日(前年度実績)
育休取得対象者数 男性 4人 女性 4人(前年度実績)
育休取得者数 男性 0人 女性 4人(前年度実績)

わが社のセールスポイント

日本で名だたる酪農専業地帯
生乳生産量日本一の農協
豊かな大自然に囲まれた「食」の宝庫

牛の人工授精師として 酪農経営をサポートしています。

志賀 和冴
1996年生まれ
北海道釧路市出身
旭川大学経営学部卒業
2019年入社
乳牛改良係で人工授精業務を担当。

─どうして今の仕事を選んだのですか?
人と関わる仕事がしたいと考えていて、酪農家の方々を下支えする農協に興味を持ちました。大学で経営を専攻していた私が配属されたのは生産部。乳牛や牧場に関する知識はゼロでしたが、周囲の人にサポートしてもらいながら仕事を覚えていくうちに、組合員さんとより深く関わり信頼関係が重要となる家畜人工授精師として働きたいと思うようになりました。
─どんな仕事をしていますか?
昨年9月に家畜人工授精師の免許を取得し、組合員さんの牛舎で牛の人工授精を行っています。牛が妊娠して搾乳が可能になると、生乳生産を踏まえた経営サポートも行います。人工授精は精液や手数料などの費用がかかるため、一度で確実に妊娠できるよう、牛の発情を見極めて実行しなくてはなりません。多い時は一日20頭以上授精することもあり、経験を重ねるうちに指先の感覚で卵胞の硬さを確認できるようになってきました。牛の妊娠を知らされると、組合員さんの経営をサポートしている実感が湧いてうれしくなります。今後さらに牛に関する知識や技術を向上させ、組合員さんと厚い信頼関係を築き上げていきたいと思っています。
─北海道で働く・暮らすことの魅力を教えてください!
別海町は自然豊かで牧歌的な風景が広がるのどかな環境です。もともと人混みが苦手なので、牛がすぐそばに見えるのんびりとした暮らしがとても心地よく感じます。道東の夏は涼しく冬は雪が少ないので、一年を通して過ごしやすい気候も気に入っています。