ジョブダス就活2022
お気に入り追加

岩田地崎建設(株)

人と自然の最適環境づくりに貢献する

本社所在地
北海道札幌市中央区
業種
メーカー
企業特徴
北海道に本社がある、過去5年間赤字決算なし、女性が活躍している、従業員規模 500~1000人、資格取得支援制度がある、研修制度がある、会社見学ができる

私たちはこんなことをしています!

当社は1922年の創業以来、技術力とサービスの向上に努め、北海道を拠点とする総合建設会社として日本国内および海外にまで事業基盤を広げてきました。北海道建設業界のリーディングカンパニーとして「建設事業を通して人と自然の最適環境づくりに貢献する」を理念に掲げ、生活の利便性と安全性の向上を目指し、経済の活性化と社会の発展を通して豊かな暮らしをつくり上げることに尽力しています。

私たちの自慢はここです!

当社は“未来を創造する企業”として、従来型の社会資本整備はもちろん、老朽化したインフラの改修、大規模自然災害への備え、安全と安心の確保、環境保全への取り組みなど、多様化するお客様のニーズに応えるさまざまな工事に携わっています。
例えば、北海道新幹線の札幌延伸に向けて2013年9月より本格的に掘削をスタートした「村山トンネル」の工事もそのひとつ。道内企業がメインとなって新幹線の鉄道トンネル工事を行うのはこれが初となります。工事は環境面や安全面に最大限配慮すべく新しい技術を駆使し、状況に応じて使い分けていくことで、より良い暮らしを実現していきます。

私たちの仕事の魅力はここです!

施工管理の仕事とは、土木構造物や建築物などを造り出す〈工事現場〉を管理することです。作業が工程通りに工事が進んでいるかどうかを確認しながら職人の方々と打ち合せを行い、工事が順調に進むよう調整を行います。
この仕事は多くの人と関わります。例えば建築工事では、コンクリートや鉄筋などの躯体工事からフローリングなどの内装工事まで工程が目まぐるしく変わり、それに伴ってさまざまな業種の方と出会い、新しい物事が次々に目に飛び込んできます。最初はわからないことばかりでしょうが、それぞれの仕事を理解するにつれ変化を楽しむことができる仕事です。

事業内容 土木工事、建築工事、リニューアル工事、その他建設工事全般
代表者名 岩田 圭剛
設立 1922年
資本金 20億円
売上高 798億円
従業員数 728名(2019年4月1日現在)
事業所 東北・東京・名古屋・大阪・広島・四国・九州・海外
沿革 1922年 札幌で土木建築請負業「岩田組」創業
1949年 社名を「岩田建設株式会社」に変更
2007年 株式会社地崎工業と合併「岩田地崎建設株式会社」が誕生 
アクセス JR苗穂駅より徒歩13分
HP http://www.iwata-gr.co.jp
採用担当者 人事部人財開発課 千葉、渡邉、関
メールアドレス recruit@iwata-gr.co.jp
電話番号 011-221-0013
Fax 011-222-7682
所在地 〒060-8630
北海道札幌市中央区北2条東17丁目 2番地

土木施工管理、建築施工管理、機電、設備、設計、事務、営業

施工管理、他

職種 事務・管理系、総務、人事、労務、経理、財務、会計、技術系、建築・土木技術者、施工管理
雇用形態 正社員
ポイント 社会保険完備、交通費支給、車通勤OK、寮完備
応募資格 新卒
勤務地

本社本店:札幌、支店:仙台、東京、大阪

初任給 月給 200,000円 ~ 240,000円
初任給備考 月給制

修士修了240,000円
大学学部卒220,000円
高専専門卒200,000円

勤務時間帯 日勤

8:30~17:30 (現場勤務者は8:00~17:00)

休日・休暇 土日祝日(年間休日126日)、有給休暇、夏季休暇、年末年始、慶弔休暇、特別休暇、看護休暇、育児・介護休業、他
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、確定拠出年金、退職金、財形貯蓄、生保団体加入、長期所得補償保険、独身寮、社員食堂、他
待遇(手当・賞与・昇給など) 時間外手当、通勤手当(全額)、家族手当、役職手当、資格手当、燃料手当(寒冷地勤務)他
昇給年1回(4月)、賞与年2回(7月、12月)
採用予定人数 40名程度
エントリー方法 リクナビ2021からエントリーしてください。
選考方法 書類審査、SPI検査、面接
選考備考 当社は面接を重視します。
面接回数 一次試験:本店、支店 二次試験:本社
採用サイト http://www.iwata-gr.co.jp/saiyo/
インターン受付 有り
過去3年間の新卒採用者数 2017年度 39人
2016年度 32人
2015年度 33人
過去3年間の新卒離職者数 2017年度  7人
2016年度 11人
2015年度  9人
平均勤続年数及び平均年齢 19.6年
45.5歳
研修の有無
具体的な内容(研修) 新入社員研修、主任研修、技術者研修、他
自己啓発支援の有無
具体的な内容(自己啓発支援) 資格取得支援制度
メンター制度の有無
キャリアコンサルティング制度の有無
社内検定などの制度の有無
役員に占める女性の割合及び管理的地位に占める女性の割合 管理的地位   0.3%

わが社のセールスポイント

北海道最大手ゼネコン
大規模プロジェクトにも携われる会社
男性も女性も活躍している会社

さらなる発展の可能性を感じる北海道と共に成長していきたい。

業務部事務センター
指川 圭司
1994年生まれ
北海道札幌市出身
立命館大学経済学部卒業
2019年入社
業務部で書類作成や会計処理などを担当。

ーどうして今の仕事を選んだのですか?
 関西で学生時代を過ごしましたが、住み慣れた北海道で働きたいと考えていました。経済学部出身なので北海道経済に携わることができればと思い、金融業界なども見据えて就活をしていましたが、当社は新千歳空港をはじめ道内の主要インフラ建設を数多く手がけていることが決め手になりました。また北海道は、北海道新幹線の延伸や2030年札幌冬季五輪の招致など新たな発展の可能性を感じた点も大きかったですね。

ーどんな仕事をしていますか?
 協力業者と交わす契約書や工事の着工書類の作成・請求書など各種書類の作成およびチェック、会計処理などが主な仕事です。最近では、工事の式典準備などにも携わっています。現場で安全書類の作成・チェックを行うこともあり、ニセコのコンドミニアム建設現場に3カ月間常駐していたこともあります。工事現場はたくさんの人が出入りして活気がある一方、オフィスとは違う緊張感が張りつめていて、最初は戸惑いました。書類作成にも普段以上にスピードと完成度を求められましたが、工事が進むにつれて日々変わっていく風景を見ていると、自分に課せられた役割と責任を改めて実感しました。

ー今後の目標を教えてください。
 今後は、業務の優先順位を考えながら、正確かつスピーディーに仕事をこなし、求められること+αで応えられるようになりたいと思います。最近は建設業経理士の資格を取るための勉強を始めました。建設業界の会計処理に必要な専門知識を身につけ、現場とオフィスを結ぶ架け橋になれればと思っています。

ー休日の過ごし方を教えてください。
 今は資格の勉強で忙しいのですが、たまに愛車でドライブするのが息抜きになっています。特に目的地を決めず、何も考えず、時間の許す限り郊外の田舎道や山道を入るのが好きです。

ー学生の皆さんへメッセージをお願いします。
 就職は人生を左右する一大イベント。視野を広くもち、一見自分に縁のなさそうな分野でもまずは話を聞いてみることで、意外な業界との出会いがあるかもしれません。自分を客観的に見つめ直すためには、友人や家族には自分はどう見えるのかヒアリングする「他己分析」もおすすめです。