ジョブダス就活2022
お気に入り追加

(株)NTTデータ北海道

本社所在地
北海道札幌市中央区
業種
ソフトウェア・情報処理・通信
企業特徴
北海道に本社がある、2年以上連続で売上が伸びている、認知度の高い製品やサービスがある、若手が活躍している、女性が活躍している、従業員規模 100~500人、資格取得支援制度がある、研修制度がある、社員持株制度がある、育児休暇の取得率が高い

私たちはこんなことをしています!

NTTデータ北海道はNTTデータグループの一員として、北海道を基盤に公共分野(官公庁、自治体向けシステム)、法人分野(マスコミ、製造業、流通業等企業向けシステム)、金融分野(生命保険、銀行等金融機関様向けシステム)において、ITを通じて多くの方々の生活に貢献しています。
皆さんが利用されている図書館、加入されている生命保険、お持ちの銀行口座など、ごく身近なところで当社が開発に参画したシステムが使われています。ITを通じて北海道と社会の発展に貢献してみませんか?

私たちの自慢はここです!

NTTデータ北海道の自慢は以下の3点です。

1.NTTデータグループの一員
NTTデータ北海道は、ITサービス企業売上ランキング1位(2兆1636億円)(※2018年度:日経コンピュータ調べ)のNTTデータグループの一員です。とても大きな企業グループですので経営は安定しており、大規模プロジェクトにも参画できます。また、社内制度が充実しているので休暇が取りやすく(※平均有給休暇取得日数16.7日および夏季休暇5日)、福利厚生も充実しています。

2.北海道を基盤とする企業
NTTデータ北海道は、札幌に本社がある北海道を基盤とした企業で、勤務地は札幌を中心としています(もちろん首都圏勤務もできます)。このため北海道で働き、北海道の企業と仕事をすることで、北海道の発展に貢献できます。

3.温かい上司や先輩
NTTデータ北海道には、話しやすく、部下のことを親身になって考えてくれる上司や先輩がたくさんいます。当社の会社説明会や採用選考を通じて、ぜひ当社社員の人柄に触れてみてください。

私たちの仕事の魅力はここです!

システムエンジニアという仕事の魅力は以下の通りたくさんあります。
・最先端のIT技術に触れる、学べる。
・モノづくりの楽しさがある。
・クリエイティブな仕事である。
・システムが完成したときに達成感を味わえる。
・たくさんの人と関わることができる。
・さまざまな業界に関わることができる。 など

システムエンジニアの経験を積み重ねていくことで以下が身に付きます。
・論理的思考力
・コミュニケーション能力
・手に職

そして、システムエンジニアの仕事を通じて多くの人々の生活を支え、北海道と社会の発展に貢献できます。皆さんもNTTデータ北海道のシステムエンジニアのひとりとして、世の中の役に立ってみませんか?

事業内容 システムインテグレーション事業(システムの戦略立案から、企画、設計、製造、運用、保全まで)及び、それに付帯する事業
代表者名 高橋 一裕
設立 1990年
資本金 1億円
売上高 62.4億円(2018年度)
従業員数 234人(2019年10月1日現在)
事業所 札幌
沿革 1990(平成2)年3月 NTTデータのグループ企業「NTTデータ北海道テクシス」として設立
2003(平成15)年7月 NTTデータ(北海道支社)との統合により「NTTデータ北海道」へ社名変更
アクセス JR「札幌駅」南口より徒歩4分、地下鉄「札幌駅」より徒歩2分
HP http://www.nttdata-hokkaido.co.jp/
採用担当者 企画総務部 高橋、南
メールアドレス jinjikyuyo@nttdata-hokkaido.co.jp
電話番号 011-281-7009
Fax 011-281-8741
所在地 〒060-0002
北海道札幌市中央区北2条西4丁目 1番地
北海道ビルヂング4階

システムエンジニア

システムエンジニアとして、システムの戦略立案、企画、設計、製造、運用、保全を行います。

職種 IT系、システムエンジニア、総合職
雇用形態 正社員
ポイント 社会保険完備、交通費支給、既卒可、人と接する
応募資格 2021年3月卒業予定者および卒業後1年以内の方(2020年以降卒業)で、 就業経験のない方
勤務地

札幌、首都圏等 ※プロジェクトにより異なります。

初任給 月給 191,090円 ~ 207,340円
初任給備考 月給制

大学院了 207,340円
大学卒  191,090円

勤務時間帯 日勤

9:00~17:30(職場により時差出勤あり)
※実働7.5時間(休憩60分)

休日・休暇 完全週休2日制、祝日、年次有給休暇(20日)、年末年始休暇、
特別休暇(慶弔等)、夏季休暇、ライフプラン休暇(5年勤続毎に5日間有給休暇を付与する制度) など
福利厚生 NTT健康保険組合、NTT企業年金基金、雇用保険、労災保険、定期健康診断(年1回)、人間ドック制度、全国のリゾートホテル、アミューズメント施設およびスポーツ施設等との利用契約、財形貯蓄制度、各種持家取得支援制度 など
待遇(手当・賞与・昇給など) 通勤費(全額支給)、食事補助、住宅補助費、扶養手当、職責手当、特殊勤務手当、単身赴任手当、時間外・休日・深夜手当
賞与 年2回(6月・12月)
昇給 業績、評価等にもとづき年1回(2月)
採用予定人数 9人
エントリー方法 マイナビまたはリクナビにエントリー(3月1日エントリー開始)
選考方法 ①マイナビまたはリクナビにエントリー
② 単独会社説明会に参加
③ 適性試験(WEB)
④ 一次面接
⑤ 最終面接
⑥ 内々定
選考備考 理系文系、学部学科を問いません。
採用サイト https://www.nttdata-hokkaido.co.jp/recruit/index.html
面接地

〒060-0002
北海道札幌市中央区北2条西4丁目 1番地
北海道ビルヂング

インターン受付 大学3年生を対象とした1dayインターンシップを2月上旬開催予定。詳細はマイナビまたはリクナビ参照。
過去3年間の新卒採用者数の男女別人数 男性 17人
女性 7人
平均勤続年数及び平均年齢 11.2年
40.7歳
研修の有無
具体的な内容(研修) ・入社前通信講座(日経プレビジネスパック3ヶ月(日本経済新聞をメインテキストとしたビジネス研修プログラム)、基本情報技術者試験対策コース6ヶ月)
・入社前WEB講座4ヶ月(タイピング講座、ITリテラシーチェック、アルゴリズム入門、Excel入門、コンピュータ技術用語入門、など)
・新入社員集合研修2ヶ月(東京)(ビジネス基礎講座、IT技術基礎講座、プログラミング講座、ビジネス応用講座 など)
・OJT、外部研修受講 など
自己啓発支援の有無
具体的な内容(自己啓発支援) 各種資格取得支援制度(合格祝金、受験費用の支給 など)
メンター制度の有無
キャリアコンサルティング制度の有無
社内検定などの制度の有無
具体的な内容(社内検定などの制度) NTTデータグループで実施している社内認定制度(社員の自律的なキャリア形成を支援する仕組み)を採用しています。
月平均残業時間 22.6時間(前年度実績)
平均有給取得日数 21.7日(前年度実績)(夏季休暇含む)

わが社のセールスポイント

NTT データグループの一員です
北海道を基盤とする企業です
温かい上司や先輩がたくさんいます

デザインの知識を強みとして、自分らしいシステムを提案したい。

IT ソリューションビジネス事業部
滝波 佑梨
1995年生まれ
札幌市出身
札幌市立大学デザイン学部卒業
2019年入社
大手情報処理会社の購買管理システムの
開発を担当

ーどんな仕事をしていますか?
 大手情報処理会社の購買管理システムの開発プロジェクトを担当しています。プロジェクトは2年にわたる長いもので、私が入社した時にはすでに中盤くらいまで進んでいました。最初は業務内容やシステムの機能がわからず、全体を踏まえて作業を進めるのに苦労しましたが、先輩方からのサポートのおかげでなんとか仕事にも慣れてきました。開発チームはプロパー社員と協力会社さん合わせて約20名。プロパー社員はシステムの設計を担当し、協力会社さんはプログラミングを担当しています。チームの中には卓越した技術や知識を持つ方も少なくないため、チーム内の様々な方と接する事で多くのスキルを学ぶことができています。

─社内の雰囲気や職場の魅力を教えください。
 会社は札幌駅の近くにあるため、通勤に便利です。職場はアットホームな雰囲気で、わからないことがあれば気軽に質問できます。同じフロアに同期社員もいるため、仕事が終わってから飲みに行ったり遊んだりしています。当社はテレワークの導入や年休の完全取得などワークライフバランスを充実させる制度が整備されているので、休日は映画や旅行など趣味に打ち込む時間も十分確保できます。就職してすぐに大好きな東京ディズニーランドの年間パスポートを手に入れたので、土日を利用して何度も遊びに行っています。

─今後の目標を教えてください。
 私はデザイン学部出身なので、学生時代からメディアデザインを通じて人と人、人とモノをつなぐシステムに興味を抱いていました。現在携わっているプロジェクトでもUI(ユーザーインターフェース)が重視されていて、お客様にとって使いやすいデザインが求められています。デザインの知識を自分の強みとしてUIに活かし、お客様が使いやすいシステムを提案していきたいと思っています。

─学生の皆さんへメッセージをお願いします。
 自分の専攻や普段の生活とは無縁な業界でも飛び込んでみてください。そして、あわよくば楽しんでみる。デザイン学部からのIT志望は面接でも珍しがられ、踏み込んだ質問もされましたが、いろいろ訊かれることをむしろ楽しんでいました。気持ちにゆとりがあると、面接官の対応から社内の雰囲気が見えてきます。やみくもに不安がらず、面接は企業を
知るチャンスだと思ってポジティブな気持ちで臨んでください!