ジョブダス就活2021
お気に入り追加

(株)スズキ自販北海道

―小さなクルマ、大きな未来―

本社所在地
北海道札幌市東区
業種
商社・卸売
企業特徴
北海道に本社がある、地域限定採用を実施している、若手が活躍している、女性が活躍している、従業員規模 100~500人、会社見学ができる
事業内容 スズキ四輪車の販売/中古車の販売/電動車いすの販売/部品・用品の販売/自動車整備(点検・車検・修理)/損害保険代理店業務
代表者名 宗﨑泰典
設立 1972年1月
資本金 5,000万円(スズキ株式会100%出資の直営会社)
売上高 218億円(2019年3月期)
従業員数 268人(2019年5月現在)
事業所 北海道内全15拠点
・スズキアリーナ札幌北(本社)
・スズキアリーナ札幌東
・手稲営業所/スズキアリーナ手稲
・スズキアリーナ八軒
・スズキアリーナ藻岩
・白石営業所/スズキアリーナ白石
・スズキアリーナ月寒
・スズキアリーナ里塚
・江別営業所/スズキアリーナ江別
・スズキアリーナ岩見沢
・スズキアリーナ苫小牧
・苫小牧営業所/スズキアリーナ苫小牧明野
・千歳営業所
・滝川営業所
・十勝営業所/スズキアリーナ音更帯広
沿革 札幌スズキ㈱ 設立
鈴木自動車工業㈱の製造する自動車の販売代理店として発足
社名を㈱スズキ自販北海道に商号変更する
子会社 ㈱スズキカルタス北海道を小型専売店として設立
・1984年7月
子会社 札幌スズキ㈱を札幌市内の直販会社として設立
・1986年4月
子会社 エス・ビー・エス旭川㈱を二輪直販専売会社として設立
・1988年1月
子会社 ㈱スズキ二輪(北海道)を二輪専売会社として設立
・1988年6月
道東地区四輪代理店権を返上
北見スズキ㈱、㈱青木商会の二社に営業権を譲渡
・1989年7月
子会社 エス・ビー・エス旭川㈱ 解散
・1989年12月
子会社 札幌スズキ㈱解散
帯広営業所閉鎖により、十勝地区販売をスズキジーワイ㈱に営業譲渡
・1991年6月
子会社 ㈱スズキ二輪(北海道)解散
・1995年1月
旭川地区四輪代理店権を旭川スズキ販売㈱営業譲渡
・1995年2月
子会社 ㈱スズキカルタス北海道
スズキ㈱1億円出資子会社から関連会社となる
・2003年3月
パーツセンター北海道として、部品を全道取引店に販売出庫となる
・2004年7月
㈱スズキアリーナ白石と合併

------------------------------------------------------------------------

店舗改築など
2009年5月:スズキアリーナ藻岩
2013年9月:スズキアリーナ音更帯広
2014年10月:スズキアリーナ札幌東
2015年12月:本社工場・本社一部社屋
2018年12月:スズキアリーナ岩見沢
2018年12月:スズキアリーナ苫小牧明野
アクセス 地下鉄南北線「北34条駅」5番出口より徒歩10分
HP https://www.suzuki.co.jp/dealer/sj-hokkaido/
採用担当者 総務部 総務課 長尾真冬
メールアドレス recruit@j-hokkaido.sdr.suzuki
電話番号 011-721-8311
Fax 011-752-5861
所在地 〒065-0030
北海道札幌市東区北30条東1丁目 1-44
ウェブサイト http://sj-hokkaido.jp/

営業職

■直販営業
ショールームに来店されたお客様を主な対象に、新車・中古車を販売します。またスズキ車をご愛用いただいているお客様へおアフターフォロー、新車・中古車の販売も担当します。「お客様からも信頼され入りやすく居心地の良いお店」を目指し、日々活動をしております。
■業販営業
個人経営のモータースや自動車修理工場など、北海道内にあるスズキ車の販売店を通して、お客様に自動車を購入していただく仕事です。販売店の営業をサポートし、自動車を卸売する活動が中心となります。

職種 営業系、個人向け得意先中心、法人向け新規開拓中心、法人向け得意先中心
雇用形態 正社員
ポイント 北海道限定採用、既卒可、第二新卒可、学生OK、車通勤OK、人と接する
応募資格 入社資格:普通自動車免許(AT限定不可)
勤務地

札幌市内8拠点、江別市、岩見沢市、千歳市、滝川市、苫小牧市2拠点、音更町のいずれか

初任給 月給 161,000円 ~ 180,000円
初任給備考 月給制

四年制大学卒:180,000円
短期大学卒 :161,000円

勤務時間帯 日勤、シフト制

9:30~18:30(7.5時間 休憩1.5時間)

雇用期間 期間の定めがない

休日・休暇 年間カレンダーによる年間104日(年末年始・夏季・GW休暇を含む)
■直販営業
火曜日定休(その他シフト制によるお休み)
■業販営業
土・日曜日を中心としたお休み
福利厚生 従業員車両購入制度、財形制度、退職金制度など
待遇(手当・賞与・昇給など) 昇給:年1回(4月)
賞与:年2回(7月、12月) 5.6ヶ月(2017年度実績)
採用予定人数 15人
エントリー方法 ■マイナビ2019をご利用の方
マイナビ2019より「株式会社スズキ自販北海道」を検索
→説明会にご予約ください。
■リクナビ2019をご利用の方
リクナビ2019より「スズキ販売会社グループ」を検索
→北海道 説明会よりご予約ください。
選考方法 筆記試験(GAB)、個人面接(1次、最終)
面接回数 2回
面接地

〒065-0030
北海道札幌市東区北30条東1丁目 1-44

地図を見る
アクセス 【公共機関をご利用の場合】
■地下鉄をご利用の場合
○地下鉄南北線「北34条駅」下車 5番出口

○徒歩10分
 創成高校向かい、札幌陸運支局横です。
【お車をご利用の場合】
○「札幌北IC」より約3分
最寄駅 地下鉄南北線「北34条駅」
大きな地図で見る
インターン受付 2019年度卒業の方
過去3年間の新卒採用者数 2015年:7人 2016年:10人 2017年6人
過去3年間の新卒離職者数 2015年:3人 2016年:3人  2017年3人
過去3年間の新卒採用者数の男女別人数 男性 2015年:3人 2016年:6人 2017年4人
女性 2015年:4人 2016年:4人 2017年2人
平均勤続年数及び平均年齢 12.6年(2017年度実績)
研修の有無
具体的な内容(研修) 【入社1年目】
■配属前新入社員研修
新入社員の導入研修はメーカー本社(静岡県)で行われ、ビジネスマナーから自動車の生産工程まで必要な基礎知識を効率良く学べます。
配属まで2ヶ月間、4月はビジネスマナーはもちろん、クルマの基礎知識などを勉強し、5月は現場研修などを行い知識を身に着けていきます。
■社内研修(2017年度実績)
新入社員研修期間は6ヶ月間(4月~9月末まで)です。
4月~5月末までは職種関係なく集合研修(社会人の基礎知識、ビジネスマナー)を行います。6月~9月末までは現場での仮配属期間になります。
また、配属後はOJT研修、中古車査定士、損害保険募集人試験対策講習などを行います。
■スズキ塾
スズキ㈱にある「スズキ塾」という研修専門の部署主催の研修を受講していただきます。
新入社員研修/新人マナー研修/営業基礎Ⅰ研修

【入社2年目以降】
入社2年目研修/営業基礎Ⅱ研修/女性入社3年目研修/入社5年目研修/入社7年目研修/直販研修/業販研修/新任係長研修など
自己啓発支援の有無
メンター制度の有無
キャリアコンサルティング制度の有無
社内検定などの制度の有無
具体的な内容(社内検定などの制度) スズキ販売士試験
月平均残業時間 全体:平均22時間(2017年度実績)
営業:平均17時間(2017年度実績)
平均有給取得日数 全体:平均2.0日(2017年度実績)
営業:平均1.5日(2017年度実績)
育休取得対象者数 男性0 人 女性3 人(前年度実績)
育休取得者数 男性0 人 女性3 人(前年度実績)
役員に占める女性の割合及び管理的地位に占める女性の割合 役員 人中女性0 人
管理的地位 人中 女性1 人

この企業の採用情報

スズキ自販北海道のセールスポイント

風通しの良い人間関係
自分がやりたい方法でチャレンジできる
お客さまに感謝していただける

価格を超える価値を売る。「あなたから買いたい」の声が喜びです。

千歳営業所 直販営業
上田 健人
1991年生まれ 北海道恵庭市出身
北海学園大学経済学部卒業
2014年入社/直販営業を担当。
岩見沢支店を経て現職

―どんな仕事をしていますか?
 スズキ車の販売、点検や車検などのアフターフォローサービスのご案内、JAFや任意保険などのご案内および加入手続きなどを行っています。スズキ車は小回りがきいて燃費や維持費の面でもメリットが大きい軽自動車やコンパクトカーが中心。他社にはないハイブリッドの軽自動車もあり、時代のニーズに応えるラインナップが強みです。営業の際にもお客さまのニーズに合った提案を行うために、家族構成やライフスタイル、目的などを把握し、スズキ車がある暮らしをイメージしていただけるよう心がけています。大切にしているのは、プラスαの気配りで「この人は親切だから買いたいな」と思っていただくこと。初めてご来店されたお客さまが「他社で買うつもりだったけど上田さんから買いたい」とご購入してくださったことがあり、私の思いを受け取っていただいたようでうれしかったですね。

―社内の雰囲気や職場の魅力を教えてください。
 他社より規模は小さいですが、その分上司や先輩との距離が近く、チームワークの良い会社だと思います。入社後に配属された岩見沢支店の店長は「先輩のやり方をなぞるだけでなく、自分の強みを活かせる営業スタイルを考えなさい」「価格を超える車の価値を伝える話し方を身につけなさい」とアドバイスしてくれました。この教えが私の営業スタイルの基盤となっています。また、岩見沢ではお客さまにご飯をごちそうになったり、車以外のご相談にも乗るなど、とても可愛がっていただきました。人間味あるお付き合いは地方支店ならではかもしれません。

―北海道で働く・暮らすことの魅力を教えてください。
 生まれ育った街で働くことで地域に貢献できるのは幸せです。家族もすぐそばにいるので、つらい時に話を聞いてもらうなど、精神的に支えてもらえる心強さもあります。また、四季がはっきりとした自然豊かな北海道は、オフを楽しむ上でも魅力的だと思います。

―学生の皆さんへメッセージをお願いします。
 自分の中で一貫して変わらない性質や譲れないものを見つめ直すと、自分を活かせる企業が見えてきます。いわゆる大企業だけが良い企業ではありません。いろいろな企業の話を聞いて、「あなたにとって良い企業」を見つけてください。