ジョブダス就活2020
お気に入り追加
エントリー

(株)札幌進学プラザ(進学プラザグループ)

『めんどうみ主義』と『小中高一貫教育』の実践で子どもたちの夢の実現をサポート!

本社所在地
北海道札幌市北区
業種
サービス
企業特徴
2年以上連続で売上が伸びている、若手が活躍している、女性が活躍している、研修制度がある、会社見学ができる

私たちはこんなことをしています!

札幌進学プラザは、東北地方最大の塾である進学プラザグループの一員です。進学プラザグループは1985年、宮城県塩釜市で産声をあげました。スタート時の合言葉は「めんどうみ主義」。「あっ、わかった」と言ってくれるのがうれしい。学校の勉強についていけない生徒の成績を何とか伸ばしてあげたい。私たちはこの理念を忘れずに、一人ひとりの生徒ととことん向き合っています。
創業時は集団指導からスタートしました。現在では、集団指導部門「札幌進学プラザ」「四谷大塚NET」、個別指導「プラザ個別指導学院」、映像授業「東進衛星予備校」「東進中学NET」、自立学習指導「育英舎自立学習塾」、そしてオンライン英会話講座「English Speaking Training」といったさまざまなコンテンツを提供できる総合学習塾として、子どもたちのさまざまなニーズに応える体制を確立しています。

私たちの自慢はここです!

時代の変化に対応したさまざまな指導スタイルを併せ持つ総合校舎を展開しており、子どもたちが快適な学習環境で過ごせるよう、校舎内の設備にも力を入れています。その充実した環境下で私たちも快適に仕事ができます。また、一つの校舎をさまざまな指導部門の担当者同士でお互いしっかりと連携を取りながら運営できるので、一つのチームとして校舎内を盛り上げていくことが可能です。

私たちの仕事の魅力はここです!

当社の仕事はサービス業であり、商品はあなた自身です。あなたの能力・やる気・キャラクターが子どもに大きな影響を与える、とてもやりがいのある仕事です。目の前の生徒に全力で教えてください。あなたの熱意や工夫、ちょっとした心遣いが子どもに伝わります。成績が上がったとき、志望校に合格したときなど、「ありがとう」と感謝の言葉を言ってもらえることも多い仕事です。

事業内容 自立型個別指導、個別指導、集団指導の各種教室の運営
東進衛星予備校の運営
オンライン英会話講座の運営
無料模試・説明会・公開授業などの各種イベントの実施
代表者名 阿部 孝治
設立 1977年/2003年
資本金 4,954万円
売上高 15億6,000万円(2017年度実績)
従業員数 568人
事業所 【本部所在地】
北海道札幌市北区北6条西7丁目5-2
【教室数】
札幌市内  61教室
江別市内  1教室
沿革 ■進学プラザグループ沿革
1985年 4月 仙台進学プラザ創業
1987年 8月 仙台進学プラザ塩釜中央教室 開校
1993年 1月 宮城県初の個別指導教室
       仙台個別指導学院 塩釜中央教室 開校
1997年 10月 初の集団指導と個別指導の併設型教室
       仙台進学プラザ・仙台個別指導学院 名取駅前通り教室 開校
1999年 3月 現役高校生を対象にした東進衛星予備校に進出
2000年 3月 初の宮城県外教室として福島県に進出
2001年 7月 山形県に進出
       山形市に 仙台個別指導学院 山形中央教室 開校
2003年 2月 仙台駅東口に本社移転 プラザE-1ビル 開校
2004年 10月 青森県に進出
       青森市に あおもり進学プラザ 青葉通り教室 開校
2007年 10月 千葉県・茨城県の学習塾 明生(現在の思学舎モア) がグループ企業に加わる
2007年 11月 千葉県の学習塾 (有)高久総研(現在の(株)進学プラザ)がグループ企業となる
2008年 3月 中学受験対応の俊英四谷大塚 小学部 仙台本部校開校
2009年 2月 滋賀県の学習塾 (株)おうみ教育社 がグループ企業となる
2009年 10月 福井県の学習塾 (株)ふくい進学プラザ がグループ企業となる
2012年 4月 俊英四谷大塚 中学部 開校
2012年 9月 北海道札幌市の学習塾 (株)育英舎自立学習塾(現在の(株)札幌進学プラザ)
       がグループ企業となる
2014年 2月 仙台市若林区土樋に本社移転 プラザ・コアビル 開校
2016年 4月 宮城県仙台市に 育英舎自立学習塾 南仙台教室 開校
2016年 6月 宮城県名取市に 育英舎自立学習塾 名取駅西教室・美田園教室 開校
       宮城県岩沼市に 育英舎自立学習塾 岩沼中央教室 開校
2017年 3月 北海道江別市に進出 育英舎自立学習塾江別教室 開校
2017年 7月 北海道札幌市に 進学プラザグループ 行啓通り校 開校
2018年 11月 北海道札幌市に 進学プラザグループ 円山校 開校
アクセス 札幌駅北口から徒歩7分
HP https://www.sapporo-plaza.jp/
採用担当者 第四事業部 宗形 麻里
メールアドレス jinji@ssplaza.co.jp
電話番号 011-738-3759
Fax 011-738-3760
所在地 〒060-0806
北海道札幌市北区北6条西7丁目 5-2
ウェブサイト https://www.sapporo-plaza.jp/

講師・教室運営担当候補

授業・生徒や保護者面談・進路指導等の教室運営全般

職種 専門系、教師、講師、インストラクター、保育士、総合職
雇用形態 正社員
ポイント 社会保険完備、交通費支給、北海道限定採用、既卒可、第二新卒可、人と接する
応募資格 大卒・大学院卒
勤務地

北海道札幌市内・江別市内

初任給 202,000円
初任給備考 月給制


勤務時間帯

13:30~22:00

休日・休暇 休日:年間休日101日(月4~8日 当社カレンダーによる)
休暇:有給休暇、慶弔休暇
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
待遇(手当・賞与・昇給など) 冬季燃料手当、家族手当、通勤手当
採用予定人数 20人
エントリー方法 ジョブダス就活からエントリーしてください。
選考方法 一次面接・筆記試験

二次面接・適性検査

最終面接
選考備考 筆記試験は、国語・数学・英語の高校入試レベルの問題
採用サイト https://www.sapporo-plaza.jp/recruit/
面接地

〒060-0806
北海道札幌市北区北6条西7丁目 5-2

インターン受付 対象:2020年卒予定者
過去3年間の新卒採用者数の男女別人数 男性19人
女性 8人
自己啓発支援の有無
具体的な内容(自己啓発支援) 内定者研修(全6回)・入社後研修・職能別研修・教務研修(模擬授業、面談など)・全社員研修
役員に占める女性の割合及び管理的地位に占める女性の割合 役員8人中女性0人
管理的地位40人中 女性4人
(進学プラザグループ全体)

わが社のセールスポイント

生徒にとことん向き合う「めんどうみ主義」
札幌の中学・高校受験対策に特化
先輩や上司の丁寧なサポートで着実に成長できる

私があの時選んだ仕事。その思いがきっと支えになる。

藤原 絢
集団指導部門
1994年生まれ
大阪府泉佐野市出身
北海道教育大学札幌校卒業
2017年入社
小学生の文系科目と中学生の英語を担当。

─どうして今の仕事を選んだのですか?
 中学生の頃から教育の仕事に興味がありました。大学進学の際、地元だと親や周囲に甘えてしまうので、あえて遠い所で学ぼうと思い北海道へ。大学で教育を学び、素直でまっすぐに努力する北海道の子どもたちと接するうちに、この地で教育に関わりたいと思うようになりました。学校の教員か塾講師か悩んだのですが、企業説明会で好印象を持ったのが進学プラザ。生徒にとことん向き合う「めんどうみ主義」にも共感できたし、面接でも話をよく聞いてもらえました。

─どんな仕事をしていますか?
 主に小学生の文系科目、中学生の英語を担当しています。中学・高校の両方の受験に対応できるよう、いろいろな科目を経験してオールマイティーな指導力を身につけていきたいと思っています。「苦手を克服できた」「学校のテストの点数が伸びた」という声が何よりの励みですが、中にはなかなか成果が現れないケースも。それぞれの特性や進度の違い、部活動やお稽古事などそれぞれの事情もあるので、一人ひとりの状況や気持ちをよく理解し、その子に合った指導を心がけています。生徒が共感できる指導を行うためには、まず私自身が努力する姿を示すべきだと思い、英検やTOEIC にも挑戦しようと勉強中です。

─休日の過ごし方を教えてください!
 ライブや音楽フェスが大好き!道内のライブハウスやライジングサン・ロックフェスティバルはもちろん、2連休で行けるフェスなら全国どこでも駆けつけます。北海道はおいしいものが多いので、オータムフェストやミュンヘンクリスマス市などのイベントも毎年楽しみにしています。大阪の友達を呼んで食べ歩いたりするんですよ。

─学生の皆さんへメッセージをお願いします。
 すでに志望の職種が決まっていても、就職活動中はなるべく多くの業界の説明会に参加することをお勧めします。私は教育関連の仕事に就きたいという気持ちは一貫していましたが、幅広い業界を知っておいた方が人間的に成長できるし、生徒の指導にも役立つと思い、ブライダルや建築などさまざまな企業説明会に参加しました。その結果「やっぱり教育の道に進みたい」という意志を固めることができたんです。たとえこの先壁にぶつかっても「あの時自分の意志でこの仕事を選んだ」という思いがきっと支えになると信じています。