ジョブダス就活2019
お気に入り追加
エントリー

(株)ムトウ

あなたの手が命をつなぐ

本社所在地
北海道札幌市北区
業種
商社・卸売
企業特徴
北海道に本社がある、2年以上連続で売上が伸びている、若手が活躍している、従業員規模 500~1000人、研修制度がある、社員持株制度がある

私たちはこんなことをしています!

”医療・研究・介護の現場を支える” それが私たちの仕事です

 当社、株式会社ムトウは今年で創業100周年を迎える医療機器の総合商社です。現在は株式会社ムトウを中心とする“ムトウグループ”として、21社のグループ企業、全国で160拠点の展開をしています。
 注射器やガーゼ、包帯などの消耗品から、MRIなどの大型機器まで、医療機関で使われるさまざまなアイテムを取り扱っています。取引メーカーは800社以上におよび、医療機器だけではなく、保健所や研究施設で使われる顕微鏡などの理化学機器、福祉施設や在宅医療でも使用される介護福祉用品まで幅広く取り扱っています。
 営業職の場合、既存のお客さまをルート営業という形で訪問し、それぞれのご要望を伺い、お客様にとって最適な商品を提案・提供。技術職の場合、医療機関で使用されるさまざまな機器の修理のほか、グループ会社での製品製造・開発のプロとして責任感を持って作業に臨んでいます。
 株式会社ムトウは、今後も日本の医療・研究・介護の現場を『縁の下の力持ち』としてグループ企業一丸となって支えていきます。

私たちの自慢はここです!

お客さまのご要望にグループ全体でお応えします

 ムトウは医療機器の“総合商社”。取り扱う商品数はもちろん、分野もさまざまです。当社には、お客さまに商品を紹介・提供する営業スタッフ、修理する技術スタッフがいます。営業スタッフの中には、限定された分野の深い知識を専門的に勉強する販売促進のスタッフもいて、社内外でのサポートも万全です。また、ムトウグループには、医療機器メーカーや院内物流の管理、医療機器廃棄処理など、多方面から医療現場をサポートする企業があります。
 新規の病院を開業したい、医学学会の企画運営を手伝ってほしいなど、ムトウに寄せられるご要望は多岐にわたります。どんなご要望にも各事業部、グループ会社と連携を取ってお応えできることが、ムトウグループの強みでもあり自慢です。

私たちの仕事の魅力はここです!

公共性の非常に高い業界で役に立てること

 『医療』関係と聞くと、「難しそう」「理系分野かな」と思われるかもしれませんが、当社の社員は文系・理系の隔てなく活躍しています。入社当初は、ほとんどの社員が医療知識も経験もゼロからのスタート。研修や日々の業務を通して、いつの間にか現場からも熱い信頼を得る医療チームの一員として医療従事者をサポートしています。ジョブローテーションも定期的に行いながら、さまざまな経験をすることで個人のスキルアップを図っています。この仕事をする上で何より大切なのは、「日々の経験から学び取る力」「医療や研究、介護の現場を支えていきたい」という強い意志です。
 当社の携わる『医療』はすべての人の「快適な生活」や「健康」「生命」に深く関わる“無くてはならないもの”です。自分が携わっていることが、きっと誰かの健康・生命に役立っている!毎日の自分のがんばりに自信・誇りを持てる仕事です。

事業内容 各種医療用機器・消耗品、理化学機器・材料及び福祉用具、介護機器販売、医療施設新築・増改築コンサルティング
代表者名 田尾 延幸
設立 1949年
資本金 501,180,000円
売上高 135,498,000,000円(2017年6月期)
従業員数 670人(2017 年6月期)
事業所 本社:北海道、東京(台東区)全国各地区
他、関係会社
沿革 1918年(大正7年) 武藤半司個人の武藤器械店札幌支店として開設
1927年(昭和2年) 組織変更により合資会社武藤器械店札幌支店と改称
1949年(昭和24年)株式会社武藤器械店 設立
1970年(昭和45年)社名を株式会社ムトウに改称
          東京営業所(現 東京本社)開設
1980年(昭和55年)本社流通センター完成
1984年(昭和59年)田尾延幸、代表取締役社長に就任
1989年(平成元年) 自社コンピュータ稼働
1995年(平成7年) 株式会社志水(東京)を買収
1998年(平成10年) 株式会社日本医療器研究所(東京)を買収
1999年(平成11年) 井本医科器械株式会社(福岡)を買収
           株式会社ハトヤ(長野)と業務提携
2001年(平成13年) 株式会社五味医療器械(山梨)を買収
           田吹医科器械株式会社(大分)を買収
2003年(平成15年) 梅田医療器株式会社(福岡)を買収
           大矢医療器株式会社(大阪)を買収
2004年(平成16年) 東京医研株式会社(東京)を買収
           株式会社横尾器械(鹿児島)を買収
2005年(平成17年) 大阪事業本部開設
           株式会社シーメック(香川)と業務提携
          株式会社イー・エイチ・エスエス(大阪)を買収
2006年(平成18年) 株式会社木内メディックス(山梨)を買収
2007年(平成19年) 株式会社マスコット(長崎)を買収
2009年(平成21年) 株式会社福山医科器械店(新潟)を買収
2010年(平成22年) 株式会社メディカル・アプライアンス(熊本)を買収
2013年(平成25年) 株式会社八尾日進堂(熊本)を買収
2014年(平成26年) 名古屋事業本部開設
アクセス 地下鉄北12条駅から徒歩3分(札幌本社)
HP http://www.wism-mutoh.co.jp/
採用担当者 人事部人事課 細沼由貴
メールアドレス Jinji-sap@wism-mutoh.co.jp
電話番号 011-728-6101
Fax 011-717-0547
所在地 〒001-0011
北海道札幌市北区北11条西4丁目 1-15

営業職・技術職・事務職

医療機器・理化学機器・福祉用具の販売、新築・改築コンサルティング関連
院内物流システム開発・運用

職種 事務・管理系、経理、財務、会計、一般事務、営業事務、アシスタント、営業系、個人向け得意先中心、法人向け得意先中心
雇用形態 正社員
ポイント 社会保険完備、交通費支給、既卒可、第二新卒可、人と接する
応募資格 営業職・技術職 2019年3月卒業予定の大学生、大学院生
事務職     2019年3月卒業予定の短大生、大学生
勤務地

全国各営業所

初任給 151,300円 ~ 209,300円
初任給備考 月給制

■営業職・技術職(大学~大学院)
 206,100円~209,300円(基本給160,900円~164,100円)

■事務職(短大~大学)
 151,300円~163,200円(基本給141,500円~153,400円)

※初任給には、住宅手当、勤務地手当、通勤手当、外勤手当を含む

勤務時間帯

8:50~17:15

雇用期間 期間の定めがない

休日・休暇 第1~第3土曜、日曜、祝日、年末年始、GW
慶弔休暇、夏季休暇(冬季休暇)、特別休暇、産休・育休
福利厚生 社保完備、保養所、高額家賃補助制度、自己申告制度、401K
待遇(手当・賞与・昇給など) 諸手当 住宅手当、通勤手当、勤務地手当、外勤手当
賞与  年2回支給(2016年度実績平均4.5ヵ月)(7月、12月)
昇給  年1回(4月)
有給休暇 10日~
採用予定人数 60人
エントリー方法 ジョブダス就活、リクナビ、マイナビ、当社HPよりプレエントリー

エントリーいただいた皆様にマイページのご案内をお送りします。
リクナビ、マイナビさんより直接会社説明会へのご参加も可能です。
選考方法 ① 1次選考(集団面接もしくはグループディスカッション)
1次選考の際に、会社説明会で配布したエントリーシート、
   履歴書等の応募書類の提出をお願い致します。
② 適性検査(筆記試験)
③ 面接2回
  筆記試験通過者に面接の詳細をお知らせいたします。
④ 内々定
選考備考 書類選考はございません。
採用サイト http://www.wism-mutoh.co.jp/career
面接地

〒001-0011
北海道札幌市北区北11条西4丁目 1-15

過去3年間の新卒採用者数 140人
過去3年間の新卒離職者数 25人
過去3年間の新卒採用者数の男女別人数 男性 111人
女性 29人
平均勤続年数及び平均年齢 12年
37歳
研修の有無
具体的な内容(研修) 新入社員研修、コンプライアンス研修、管理職研修等
自己啓発支援の有無
具体的な内容(自己啓発支援) 通信教育
社内検定などの制度の有無
具体的な内容(社内検定などの制度) 昇格試験、昇格論文、懸賞論文
育休取得対象者数 男性 27人 女性 6人(前年度実績)
育休取得者数 男性 0人 女性 6人(前年度実績)

ムトウのセールスポイント

医療機器業界最大手
業界唯一の全国展開
間接的に人々の健康を支える仕事

道外勤務で知った営業の面白さ、地元の魅力。

本店第一営業部二課
中山 智文
1989年生まれ 北海道札幌市出身
北海商科大学商学部卒業 2012年入社
営業担当。大阪事業本部に4年3カ月勤
務したのち札幌へ。2016年より現職

―今の仕事を選んだ理由を聞かせてください。
 高齢化に伴って医療ニーズがますます高まる中、医療活動に不可欠な医療機器分野なら活躍できるチャンスが広がると思ったからです。学生時代は医療の世界とは無縁でしたが、採用時に「専門知識がなくても大丈夫」と説明されたので、同期のみんなが一からのスタートだと思ってこの世界に飛び込みました。

―どんな仕事をしていますか?
 札幌市内の病院をメインに、注射針などの医療消耗材料や医療機器などの営業活動を行っています。ひとりで約30〜40院を受け持ち、商談のお相手はドクターや看護師、事務方など多岐にわたります。当社は約15万種類もの商品を取り扱っており、中には患者さんの生命に直結するものも少なくないですから、納期を厳守するためにスケジュール管理をしっかりと行っています。以前は人見知りだったので初対面の方と話す時はとても緊張した上、当社は北海道では認知度が高いのですが、入社後に配属された大阪では後発だったため、新規顧客の開拓に苦労しました。でも勇気を振り絞って話しているうちに人と話すことが楽しくなってきて。自分らしい営業スタイルで同業他社との差別化をはかる工夫を凝らしたり、新しいお客さまと関係を深めて仕事に結びつけるなど、今は営業の面白さを実感しています。

―社内の雰囲気や職場の魅力を教えてください。
 社員同士の仲が良く、上司に対しても言いたいことを言い合える風通しの良い職場です。営業部二課は少人数で多数の営業先を担当しているので、それぞれが仕事しやすいよう上司が配慮してくれるのもありがたいですね。私もそろそろ後輩を指導する立場になりつつあるので、上司や先輩から学んできたことを還元していきたいと思っています。

―北海道で働く・暮らすことの魅力を教えてください。
 文化や生活環境が北海道とは違う上、知り合いもいない大阪ではなじむまで苦労しましたが、職場の人々に支えられて社会人としての基盤を築くことができました。今は住み慣れた地元の安心感が加わり、のびのびと仕事を楽しんでいます。休日は社会人の野球チームで活動したり、友人と飲みに行くなど、オフを楽しむ余裕も生まれました。そして、いつもそばで見守ってくれる両親の偉大さを改めて実感し、感謝の気持ちでいっぱいです。