ジョブダス就活2019
お気に入り追加
エントリー

(株)札幌進学プラザ

一人ひとりの生徒ととことん向き合う

本社所在地
北海道札幌市北区
業種
サービス
企業特徴
2年以上連続で売上が伸びている、若手が活躍している、従業員規模 50~100人、研修制度がある、会社見学ができる

私たちはこんなことをしています!

 札幌進学プラザは、東北地方最大の塾である進学プラザグループの一員です。進学プラザグループは1985年、宮城県塩釜市で産声をあげました。スタート時の合言葉は「めんどうみ主義」。「あっ、わかった」と言ってくれるのがうれしい。学校の勉強についていけない生徒の成績を何とか伸ばしてあげたい。私たちはこの理念を忘れずに、一人ひとりの生徒ととことん向き合っています。
 創業時は集団指導からスタートしました。現在では、集団指導部門「札幌進学プラザ」、個別指導「プラザ個別指導学院」、映像授業「東進衛星予備校」、自立学習指導「育英舎自立学習塾」、そして「ハイブリッド型=集団・個別の両方をとれる教室」という5つの授業形態を提供できる総合学習塾として、子どもたちのさまざまなニーズにお応えできる体制を確立しています。

私たちの自慢はここです!

 私たちの仕事は、地域との関連なしには考えられません。民間の教育機関として、それぞれの地域の子どもたちの学力向上や進路選択に深く関わっていきたいと考えています。そのため札幌進学プラザは、前身の育英舎自立学習塾から数えて40年間札幌市内にのみ教室を展開し、札幌の教育環境に特化して指導を行ってきました。そして2017年3月、札幌で培ったノウハウを持って江別市に教室を開校。今後は札幌市、江別市の地域に根差して「地域の学力向上」に尽力していきます。

私たちの仕事の魅力はここです!

 当社の仕事はサービス業であり、商品はあなた自身。あなたの能力・やる気・キャラクターが子どもに大きな影響を与える、とてもやりがいのある仕事です。目の前の生徒に全力で教えてください。あなたの熱意や工夫、ちょっとした心遣いが子どもに伝わります。成績が上がったとき、志望校に合格したときなど、「ありがとう」と言ってもらえることも多い仕事です。

事業内容 ・小・中・高生を対象とする学習塾の運営
・小・中・高生を対象とする家庭学習支援・サポート事業
・上記に付帯する業務
代表者名 阿部 孝治
設立 1977年/2003年
資本金 4,977万円
売上高 約75億円(2016年度グループ全体)
従業員数 75人
事業所 【本部所在地】
北海道札幌市北区北6条西7丁目5-2
【教室数】
札幌市内  62教室(2018年3月現在)
江別市内  1教室(2018年3月現在)
沿革 ■進学プラザグループ沿革
1985年 4月 仙台進学プラザ創業
1987年 8月 仙台進学プラザ塩釜中央教室 開校
1993年 1月 宮城県初の個別指導教室
       仙台個別指導学院 塩釜中央教室 開校
1997年 10月 初の集団指導と個別指導の併設型教室
       仙台進学プラザ・仙台個別指導学院 名取駅前通り教室 開校
1999年 3月 現役高校生を対象にした東進衛星予備校に進出
2000年 3月 初の宮城県外教室として福島県に進出
2001年 7月 山形県に進出
       山形市に 仙台個別指導学院 山形中央教室 開校
2003年 2月 仙台駅東口に本社移転 プラザE-1ビル 開校
2004年 10月 青森県に進出
       青森市に あおもり進学プラザ 青葉通り教室 開校
2007年 10月 千葉県・茨城県の学習塾 明生(現在の思学舎モア) がグループ企業に加わる
2007年 11月 千葉県の学習塾 (有)高久総研(現在の(株)進学プラザ)がグループ企業となる
2008年 3月 中学受験対応の俊英四谷大塚 小学部 仙台本部校開校
2009年 2月 滋賀県の学習塾 (株)おうみ教育社 がグループ企業となる
2009年 10月 福井県の学習塾 (株)ふくい進学プラザ がグループ企業となる
2012年 4月 俊英四谷大塚 中学部 開校
2012年 9月 北海道札幌市の学習塾 (株)育英舎自立学習塾(現在の(株)札幌進学プラザ)
       がグループ企業となる
2014年 2月 仙台市若林区土樋に本社移転 プラザ・コアビル 開校
2016年 4月 宮城県仙台市に 育英舎自立学習塾 南仙台教室 開校
2016年 6月 宮城県名取市に 育英舎自立学習塾 名取駅西教室・美田園教室 開校
       宮城県岩沼市に 育英舎自立学習塾 岩沼中央教室 開校
2017年 3月 北海道江別市に進出 育英舎自立学習塾江別教室 開校
2017年 7月 北海道札幌市に 札幌進学プラザ 行啓通り校 開校
アクセス 札幌駅北口から徒歩7分
HP https://www.sapporo-plaza.jp/
採用担当者 人材開発室 菊地 修平
メールアドレス s.kikuchi@ssplaza.co.jp
電話番号 011-738-3759
Fax 011-738-3760
所在地 〒060-0806
北海道札幌市北区北6条西7丁目 5-2

講師・教室運営担当候補

講師・教室運営担当候補

職種 専門系、教師、講師、インストラクター、保育士、総合職
雇用形態 正社員
ポイント 社会保険完備、交通費支給、北海道限定採用、既卒可、第二新卒可、人と接する
応募資格 大卒・大学院卒
勤務地

札幌市、江別市

初任給 月給 202,000円
初任給備考 月給制
勤務時間帯

13:30~22:00

休日・休暇 休日:年間休日101日(月5~13日 当社カレンダーによる)
休暇:有給休暇、慶弔休暇
長期休暇:GW休暇(7日間)、お盆休暇(6日間)、年末年始休暇(5日間)
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
待遇(手当・賞与・昇給など) 冬季燃料手当、家族手当、通勤手当
賞与 年2回(7月・12月)
昇給 年1回(5月)
採用予定人数 20人
選考方法 一次面接・筆記試験

二次面接・適性検査

最終面接
選考備考 筆記試験は英数国3科目高校入試程度。
選考は面接での人物評価を重視しています。
採用サイト https://www.sapporo-plaza.jp/recruit/
面接地

〒060-0806
北海道札幌市北区北6条西7丁目 5-2

地図を見る
アクセス 札幌駅から徒歩7分
大きな地図で見る
過去3年間の新卒採用者数の男女別人数 男性19人
女性 8人
平均勤続年数及び平均年齢 平均年齢:34歳
研修の有無
具体的な内容(研修) 内定者研修(全6回)・入社後研修・職能別研修・教務研修(模擬授業、面談など)・全社員研修
役員に占める女性の割合及び管理的地位に占める女性の割合 役員6人中女性0人
管理的地位13人中 女性3人

札幌進学プラザのセールスポイント

4 つの指導形態で生徒のニーズに応える
札幌の教育環境に特化している
研修が丁寧で教育経験なしでも成長できる

生まれ育った札幌で、子どもたちの未来を支える。

集団指導部門
阿部 祐太郎
1993年生まれ 北海道札幌市出身
弘前大学人文学部卒業 2016年入社
小・中学生の理系科目の集団指導を担当。

―今の仕事を選んだ理由を聞かせてください。
 生まれ育った札幌で就職したいと考え、就活の際にも勤務地を札幌に絞って活動していました。業種にこだわらずいろいろな企業の説明会に参加していくうちに、「自分に合う仕事」よりも「経験したことのない仕事」に挑戦する方が面白そうだと思うように。そんな中、生徒にとことん向き合う「めんどうみ主義」を理念とする札幌進学プラザを知り、自分も中学時代に塾で楽しく学んだことを思い出したんです。勉強だけでなく精神的にも支えてもらった経験から、次は自分が生徒の進路目標や人間的成長をサポートしてみたいと思いました。

―どんな仕事をしていますか?
 小・中学生10クラスの集団指導のほか、定期テスト前後の生徒および保護者との面談、模試の運営などを行っています。学生時代は塾講師や家庭教師のアルバイト経験はなく、一からのスタート。でも入社前後に丁寧な研修が用意されており、安心して仕事に臨むことができました。1年目は先輩の授業を見学して板書の仕方や授業内容を研究し、自分らしい授業スタイルをつかむために試行錯誤する毎日。2年目に入った今は少し気持ちにゆとりが出てきたように思います。教室は目標に向かって頑張る生徒たちの活気あふれる明るい雰囲気。「自己最高点が取れた!」などと笑顔で報告してくれる姿にこちらも元気をもらっています。

―北海道で働く・暮らすことの魅力を教えてください。
 大学進学で初めて地元を離れ、交通機関や買い物など生活利便が整っている札幌の暮らしやすさを改めて実感しました。入社後は仕事に慣れるだけでも大変ですが、住み慣れた地元なので生活面を心配せずに仕事に集中できるのも地元就職の良さだと思います。プライベートでは最近ゴルフを始めました。札幌近郊はゴルフ場が多く、大自然の中でラウンドできるのも北海道の楽しみですね。

―学生の皆さんへメッセージをお願いします。
 就活の際にあまり業界や職種の枠を狭めすぎると、自分自身を苦しめてしまいます。憧れやイメージだけで企業を選ぶと、入社後に壁にぶつかった時に「こんなはずじゃなかった」という思いが増幅してしまうことも。私は未知の世界に飛び込んだことで、新たな発
見や体験を楽しむことができました。説明会でいろんな職種にふれると、意外な道が見えて来るかもしれません。