「通過率80%のESのノウハウ」で紹介した指導学生の例は、こういう状況でした。
講義した「ES10のポイント」をしっかり押さえれば、必ず結果は付いてきます。