どうしんジョブダス就活2018
お気に入り追加
エントリー

(株)札幌進学プラザ

一人ひとりの生徒ととことん向き合う

職種
専門系、教師、講師、インストラクター、保育士
本社所在地
北海道札幌市北区
雇用形態
正社員

私たちはこんなことをしています!

札幌進学プラザは、東北地方最大の塾である進学プラザグループの一員です。進学プラザグループは1985年、宮城県塩釜市で産声をあげました。スタート時の合言葉は「めんどうみ主義」。「あっ、わかった」と言ってくれるのがうれしい。学校の勉強についていけない生徒の成績を何とか伸ばしてあげたい。私たちはこの理念を忘れずに、一人ひとりの生徒ととことん向き合っています。
 スタート時は集団指導からスタートしました。現在では、集団指導部門「札幌進学プラザ」、個別指導「プラザ個別指導学院」、映像授業「東進衛星予備校」、自立学習指導「育英舎自立学習塾」、そして「ハイブリッド型=集団・個別の両方をとれる教室」という5つの授業形態を提供できる総合学習塾として、子どもたちのさまざまなニーズにお応えできる体制を確立しています。

私たちの自慢はここです!

私たちの仕事は地域との関連なしには考えられません。民間の教育機関として、それぞれの地域の子どもたちの学力向上や進路選択に深く関わっていきたいと考えています。
 そのため、札幌進学プラザは前身の育英舎自立学習塾から数えて40年間札幌市内にのみ教室を展開し、札幌の教育環境に特化して指導を行ってきました。そして今年3月、札幌で培ったノウハウを持って江別市に教室を開校。今後は札幌市、江別市の地域に根差して「地域の学力向上」に尽力していきます。

私たちの仕事の魅力はここです!

当社の仕事はサービス業であり、商品はあなた自身です。あなたの能力・やる気・キャラクターが子どもに大きな影響を与える、とてもやりがいのある仕事です。目の前の生徒に全力で教えてください。あなたの熱意や工夫、ちょっとした心遣いが子どもに伝わります。成績が上がったとき、志望校に合格した時など、「ありがとう」と言ってもらえることも多い仕事です。

事業内容 ・小・中・高生を対象とする学習塾の運営
・小・中・高生を対象とする家庭学習支援・サポート事業
・上記に付帯する業務
代表者名 阿部 孝治
設立 1977年/2003年
資本金 4,977万円
売上高 約75億円(2015年度グループ全体)
従業員数 65人
事業所 【本部所在地】
北海道札幌市北区北6条西7丁目5-2
【教室数】
札幌市内 60教室(2017年3月現在)
江別市内  1教室(2017年3月現在)
沿革 ■進学プラザグループ沿革
1985年 4月 仙台進学プラザ創業
1987年 8月 仙台進学プラザ塩釜中央教室 開校
1993年 1月 宮城県初の個別指導教室
       仙台個別指導学院 塩釜中央教室 開校
1997年 10月 初の集団指導と個別指導の併設型教室
       仙台進学プラザ・仙台個別指導学院 名取駅前通り教室 開校
1999年 3月 現役高校生を対象にした東進衛星予備校に進出
2000年 3月 初の宮城県外教室として福島県に進出
2001年 7月 山形県に進出
       山形市に 仙台個別指導学院 山形中央教室 開校
2003年 2月 仙台駅東口に本社移転 プラザE-1ビル 開校
2004年 10月 青森県に進出
       青森市に あおもり進学プラザ 青葉通り教室 開校
2007年 10月 千葉県・茨城県の学習塾 明生(現在の思学舎モア) がグループ企業に加わる
2007年 11月 千葉県の学習塾 (有)高久総研(現在の(株)進学プラザ)がグループ企業となる
2008年 3月 中学受験対応の俊英四谷大塚 小学部 仙台本部校開校
2009年 2月 滋賀県の学習塾 (株)おうみ教育社 がグループ企業となる
2009年 10月 福井県の学習塾 (株)ふくい進学プラザ がグループ企業となる
2012年 4月 俊英四谷大塚 中学部 開校
2012年 9月 北海道札幌市の学習塾 (株)育英舎自立学習塾(現在の(株)札幌進学プラザ)
       がグループ企業となる
2014年 2月 仙台市若林区土樋に本社移転 プラザ・コアビル 開校
2016年 4月 宮城県仙台市に 育英舎自立学習塾 南仙台教室 開校
2016年 6月 宮城県名取市に 育英舎自立学習塾 名取駅西教室・美田園教室 開校
       宮城県岩沼市に 育英舎自立学習塾 岩沼中央教室 開校
2017年 3月 北海道江別市に進出 育英舎自立学習塾江別教室 開校
アクセス 札幌駅北口から徒歩7分
HP https://www.sapporo-plaza.jp/
採用担当者 人材開発室 菊地 修平
メールアドレス s.kikuchi@ssplaza.co.jp
電話番号 011-738-3759
Fax 011-738-3760
所在地 〒060-0806
北海道札幌市北区北6条西7丁目 5-2

講師・教室運営担当候補

応募資格 大卒・大学院卒
勤務地

札幌市、江別市

勤務地備考 全61教室のいずれか
初任給 月給 202,000円
勤務時間帯

13:30~22:00

休日・休暇 休日:年間休日101日(月4~8日 当社カレンダーによる)
休暇:有給休暇、慶弔休暇
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
待遇(手当・賞与・昇給など) 冬季燃料手当、家族手当、通勤手当
賞与 年2回(7月・12月)
昇給 年1回(5月)
採用予定人数 20人
選考方法 一次面接・筆記試験

二次面接・適性検査

最終面接
選考備考 筆記試験は英数国3科目高校入試程度。
選考は面接での人物評価を重視しています。
採用サイト https://www.sapporo-plaza.jp/recruit/
面接地

〒060-0806
北海道札幌市北区北六条西7丁目 5番地2

地図を見る
アクセス 札幌駅から徒歩7分
最寄駅 札幌駅
大きな地図で見る

人を育て、人とともに成長する。教育の現場で働こう。

一人ひとりにとことんの「めんどうみ主義」札幌進学プラザ

 「自ら学ぶ力」を育てる総合学習塾「札幌進学プラザ」。一人ひとりにとことん向き合う「めんどうみ主義」の指導で生徒を目標へ導くとともに、 「人」が「人」を育てる喜びが社員自身も大きく成長させています。

40年の実績を持つ 「自立学習」のコンセプト

 札幌進学プラザは、1977年に「育英舎自立学習塾」として札幌市で産声をあげました。その塾名のとおり「自立学習」をコンセプトに、家庭学習と個別指導を組み合わせた2way方式による指導を実践。生徒一人ひとりにとことん向き合い、自主学習の習慣を定着させる指導を展開してきました。2012年に「進学プラザグループ」(本社:宮城県仙台市)と資本業務提携を実施。「地域の学力向上」を目指し、現在は札幌市内と江別市内の全61教室で小中高生を指導しています。

子どもの将来を見据えて 「自ら学ぶ力」を育む

 札幌進学プラザにとって志望校合格はゴールではなく、プロセスのひとつにすぎません。生徒にとってほんとうに大切なのは、合格に必要な知識だけを教わることではなく、その先の人生を切り拓いていくために必要な「自分で考え・判断し・学ぶ力」を鍛えること。そのためには一人ひとりの個性を最大限に伸ばし、生徒の中に潜む「やる気」を引き出すことが重要であると考えています。だから、生徒が「あっ、わかった!」と言ってくれるまで一人ひとりにとことん向き合う。これが札幌進学プラザの指導理念である「めんどうみ主義」です。

あらゆるニーズに応える 「4つの学習スタイル」

 札幌進学プラザの特長は4つの学習スタイルにあります。40年にわたる実績を持つ自立学習個別指導の「育英舎自立学習塾」、講師がツキッキリの完全1:2個別指導を行う「プラザ個別指導学院」、札幌開成中や札幌南高・北高に特化した集団指導の「札幌進学プラザ」、そして難関大学合格を目指す「東進衛星予備校」。生徒の個性や目標が異なれば、最適な学習法も異なるのが当たり前。あらゆる生徒のニーズに応える多彩な学習スタイルも「めんどうみ主義」のゆえんです。指導にあたるのは、充実した研修で指導力を磨いた65名の社員。闊達(かったつ)な職場風土の中で切磋琢磨(せっさたくま)し、生徒や保護者の方々との関わりを通して、社員自身も日々成長を遂げています。

人と人が出会い、 互いに成長する「知の拠点」

 2016年6月、札幌駅から徒歩5分の好立地に札幌進学プラザ札幌本部校が誕生しました。明るく洗練された雰囲気の校舎内には多彩な学習スタイルを実践する教室のほか、模試や公開授業などを行う大ホールや自習室、面談室、勉強の合間に息抜きできるリフレッシュルームなどが充実しています。高校生専用スペース「Manabul(マナブル)」には平日も土日も利用できる個別自習ブースやチューターのアドバイスが受けられる指導室などもあり、自分らしいスタイルで勉強に全力で打ち込める学習環境が整っています。プラザ(PLAZA)はスペイン語で「市場」の意味。そこで人やモノ、コトが交わって豊かな暮らしが育まれていくように、札幌進学プラザも人が出会い、学び、互いに成長していく「知の拠点」となることを目指しています。

「先輩から一言!」

個別指導 プラザ個別指導学院 2014年入社 晒科 洋輔さん

子どもと一緒に成長できる。
人と関わる教育職の醍醐味です。

札幌進学プラザの魅力は「人」にあります。個性豊かでエネルギッシュな講師陣、一人ひとりが確とした教育観をもってのびのびと意見を言い合える風通しの良い職場環境は、人間味豊かな指導となって多感な子どもたちの心に響いていることを実感しています。大切なのは合格だけでなく、そこに至るプロセス。子どもたちと一緒に自分も努力し、成長できる手応えは、とことん人と関わる教育職の醍醐味(だいごみ)です。

「先輩から一言!」

集団指導 札幌進学プラザ 2014年入社 八木 舞子さん

小さな進歩を見逃さず、
ほめる指導で子どもを伸ばす。

学力だけでなく「人間力」を伸ばすことも学習塾の大切な役割。つらくてもあきらめずにやり抜く心の強さを身につけてほしいので、一人ひとりの小さな進歩を認めてほめる指導を心がけています。入社に際しては地元で働ける点も魅力のひとつでしたが、同じ地元だからこそ子どもたちへの愛着もひときわ。指導にも熱が入ります。今後さらに指導力を磨き、自分のカラーを活かした授業を行っていきたいですね。

「札幌進学プラザは新たな仲間=人材を募集しています。」

札幌進学プラザ 第三事業部 部長 宗形 麻里さん

子ども・自分・会社の成長を 実感できる職場です。

子どもと一緒に自分も会社も成長していけるのが当社の魅力。若手社員も自ら考え、個性を活かした授業を創造するやりがいがあります。入社後すぐに研修を行い、適性に合った配属を行うため、講師経験の有無や出身学部は関係ありません。「子どもが好き」「人と接することが好き」─ その思いが当社社員の熱い指導を支えています。