どうしんジョブダス就活2018
お気に入り追加
エントリー

社会福祉法人 北翔会

人の生活や人生に寄り添う仕事です。

職種
専門系、社会福祉士、介護職、ヘルパー
本社所在地
北海道札幌市白石区
雇用形態
正社員

私たちはこんなことをしています!

 医療福祉センター札幌あゆみの園・札幌すぎな園は、子どもから大人までの知的・身体的重症児者に対して生活のお世話をする福祉施設です。福祉や介護だけにとどまらず、重症心身障がい者の方々の生活を支えるために必要な医療も提供しています。また、札幌乳児院では、乳児たちの将来を見据えた育ちを保護者・里親とともに支援しています。
 心のつながりから笑顔が生まれる。利用者と職員がともに質の高い人生を送る。そんな場所を提供するのが北翔会です。

私たちの自慢はここです!

 医療福祉センター札幌あゆみの園では、入社後約1年にわたり先輩スタッフがマンツーマンで教えてくれるプリセプター制度を導入しています。一人ひとりのペースに合わせて必要な知識や技術の習得をサポートするほか、悩みや相談にも応えてくれる頼もしいシステムです。
 また、専門知識や技術を段階的に習得できる教育システム「クリニカルラダー」も導入しています。

私たちの仕事の魅力はここです!

 人の生活や人生に寄り添う幸福感、家族よりも長い時間をともにすることで生まれる心のつながり、思いをくみ取り通じ合えた瞬間の喜び、多職種連携による支援と達成感、日々利用者様から学ばせていただく中での人としての成長、利用者様の笑顔──この仕事の魅力はたくさんあります。
 重度の障害を持つ方への支援を通し、人としてともに成長する喜びを感じ、活き活きと働く仲間をお待ちしております。

事業内容 ○医療福祉センター札幌あゆみの園
     (療養介護・医療型障がい児入所施設)定員184名
     (短期入所)定員12名
     (居宅介護等事業)
○相談室あゆみ(相談支援事業)
○生活介護あゆみ(生活介護事業・児童発達支援事業)定員10名
○生活介護ひかり(生活介護事業・児童発達支援事業)定員15名
○札幌すぎな園(障がい者支援施設)定員50名
        (短期入所事業)定員2名
○札幌乳児院(乳児院)定員40名
      (子育て支援短期利用事業)
○札幌すぎな園通所センター(生活介護事業)定員35名
○グループホームすぎな(共同生活援助事業)定員4名
○札幌すぎな園「萌」(生活介護事業・児童発達援事業)定員5名
○札幌乳児院児童家庭支援センター
代表者名 西野 千郷
設立 1973年4月
資本金 社会福祉法人のためなし
売上高 34億円(平成28年3月期)
従業員数 430名
事業所 札幌市
沿革 1973年 4月 社会福祉法人よふき会「あしりべつ療育院」開設(定員80名)
1977年 4月 児童短期入所事業(2名)開始
1980年 1月 「あしりべつ療育院」から「札幌あゆみの園」に名称変更
1985年 4月 増築により「札幌あゆみの園」の定員を117名に増員
1986年11月 「社会福祉法人よふき会」より分離・独立、「社会福祉法人北翔会」として事業開始
1988年 4月 知的障がい者更生施設「札幌すぎな園」開設(定員50名)
1991年 1月 札幌市委託事業 札幌市障がい児(者)地域療育拠点施設事業開始(実施施設:医療福祉センター 札幌あゆみの園)
1993年 3月 増築により「札幌あゆみの園」の定員を130名に増員
1993年 4月 独自活動「はぐくみ」が札幌市心身障がい者の小規模授産事業として認可を受ける
1996年10月 札幌市委託事業 札幌市障がい児(者)地域療育等支援施設事業開始(事業名の変更)
1996年11月 重症心身障がい児(者)通園事業B型(1日定員5名)開始(実施施設:札幌あゆみの園)
2000年 4月 知的障がい者更生施設(通所)「札幌すぎな園通所センター」開設(定員20名)
重症心身障がい児(者)通園事業B型の実施施設変更(実施施設:札幌すぎな園)
重症心身障がい児(者)通園事業A型(1日定員15名)開始(実施施設:医療福祉センター 札幌あゆみの園))
知的障がい者短期入所事業開始(実施施設:札幌すぎな園)
2000年12月 札幌あゆみの園増改築整備事業完了 定員を160名に増員。自動短期入所8名に増員
2001年 4月 「札幌あゆみの園」の医療法による許可床数を162床に」 増床
2002年 4月 札幌すぎな園通所部設置(通所定員10名)
2003年 4月 知的障害者短期入所事業開始(実施施設:札幌あゆみの園)
2003年 9月 児童短期入所事業開始(実施施設:札幌すぎな園)
2003年12月 「札幌あゆみの園」の定員を168名(許可床数を170床)に増員
2004年 2月 障害児者居宅介護事業開始(実施施設:札幌あゆみの園)
2004年 4月 「札幌すぎな園」短期入所事業の定員を3名に増員 発達障害児に対する早期療育外来開始(実施施設:札幌あゆみの園)
2005年 2月 法人3ヵ所目となる重症心身障害児(者)通園事業B型開始
(通称:ビーフル、中央区、実施施設・札幌あゆみの園)
2005年 5月 児童デイサービス事業(定員10名)開始(実施施設:札幌あゆみの園)
2006年10月 障害者自立支援法に基づく各種事業開始
2009年 3月 乳児院「札幌乳児院」開設(定員40名)
2009年11月 札幌市委託事業 子育て短期支援事業開始
2011年 1月 札幌乳児院児童家庭支援センター開設
2012年 1月 増築により「札幌あゆみの園」の定員を184名に増員
2012年 4月 札幌あゆみの園「医療福祉センター札幌あゆみの園」に名称変更。法改正に基づく各種事業の新体型への移行完了
2012年 7月 医療福祉センター札幌あゆみの園 園内保育園「あゆみん」開園
2013年 3月 「札幌すぎな園」新築入所棟の利用開始
2014年 4月 「生活介護ひかり」移転(東区東雁来)開設
2014年 5月 「札幌すぎな園」新築日中活動等棟の利用開始
2015年 5月 「医療福祉センター札幌あゆみの園」短期入所事業の定員を8名から10名に増員
2016年 4月 「医療福祉センター札幌あゆみの園」短期入所事業の定員を10名から12名に増員
アクセス 地下鉄ご利用の場合
・地下鉄東西線「白石駅」より 中央バス 白23北郷線
JRご利用の場合
「白石駅」より 中央バス 白22 白24川下線
中央バスご利用の場合
・「新札幌駅」バスターミナルより 中央バス 白38厚別中央通線に乗車 白石営業所下車
HP http://www.hokushokai.com
採用担当者 法人事務課 塚田
メールアドレス tsukada@hokushokai.com
電話番号 011-879-5555
Fax 011-879-5566
所在地 〒003-0859
北海道札幌市白石区川北 2254番地1

福祉職

○重症心身障がい児者に対する生活支援・療育業務
○知的障がい者に対する生活支援・相談業務
○乳幼児に対する養育、実親・里親支援業務

応募資格 2018年3月に卒業予定の大学生、大学院生
勤務地

札幌

初任給 月給 183,000円 ~ 208,100円
初任給備考

●福祉関係の資格を有している場合
 四年制大卒:197,400円(基本給)
 大学院了 :208,100円(基本給)   ※2016年4月初任給実績
●福祉関係の資格がない場合(資格取得後、上記有資格給与テーブルに移行)
 四年制大卒:183,000円(基本給)
 大学院了 :193,200円(基本給)   ※2016年4月初任給実績

勤務時間帯

シフト制
(1) 日勤 9:00~17:30
(2) 早日勤7:30~16:00
(3) 遅日勤11:00~19:30
(4) 夜勤 16:30~翌9:30 ※実働8時間(深夜交代有り、仮眠2時間含む)

休日・休暇 年間休日:112日(特別休暇3日を含む)
福利厚生 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、財形
法人独自の退職金制度 + 共済会加入(任意加入、在職1年より支給)
待遇(手当・賞与・昇給など) 住宅手当(10,000円/毎月)、超過勤務手当(法定通り)
夜勤手当(有資格者6,800円/1回・無資格者5,300円/1回)
早日勤・遅日勤手当(500円/1回)、日曜祝祭日勤務手当(1,000円/1回)年末年始手当、扶養手当、寒冷地手当、通勤手当
期末手当、精勤手当(6月・12月支給) ※2016年実績:3.8カ月
採用予定人数 5人程度
エントリー方法 ジョブダス就活からエントリー

エントリーいただいた皆さまに、ジョブダス就活のメッセージで説明会の日時などをお知らせいたします。
選考方法 ①福祉職説明会・見学会参加  
    ↓
②選考(書類選考・筆記試験) 
    ↓
③面接(筆記試験通過者)   
    ↓
   内 定
選考備考 エントリーだけでは応募になりませんので、ご注意ください。
採用サイト http://www.hokushokai.com
面接地

〒003-0859
北海道札幌市白石区川北 2254番地1