どうしんジョブダス就活2018
お気に入り追加
エントリー

(株)北海道新聞社

北海道と道民のため、報道機関で働きませんか。

職種
事務・管理系、総務、人事、労務、経理、財務、会計、法務、特許、審査、企画系、宣伝、広報、調査研究、マーケティング、経営企画、CSR、営業系、個人向け得意先中心、法人向け新規開拓中心、法人向け得意先中心、営業推進、販売促進、IT系、システム保守・運用、クリエイティブ系、編集、制作、記者、ライター、フォトグラファー
本社所在地
北海道札幌市中央区
雇用形態
正社員

私たちはこんなことをしています!

北海道新聞は創刊以来75年にわたり、地域に根ざした報道機関として歩んできました。現在は朝刊部数100万部を超え、国内有数の地方紙としての実績を築いています。私たちは「日本一の地方紙」「最強の郷土紙」を目指すとともに、地域を元気づけ、「役に立った」「ありがとう」と言っていただける「道新」であり続けたいと願っています。これからも地域に愛される新聞であり続けるためには、思いやりと柔軟な発想、芯の強さを持った若い力が必要なのです。

私たちの自慢はここです!

北海道新聞の最大の特長は、地域に密着した紙面の充実度にあります。道内外にネットワークを張り巡らせ、身近な話題から国際ニュースまで広範かつ緻密に取材を敢行。紙面で、暮らしに役立つ広告で、主催事業で、北海道を元気にすることを目指しています。

私たちの仕事の魅力はここです!

新聞社の仕事は記者職だけではありません。「職種のデパート」と例えられるほど、その業務内容は多彩です。当社には「記者職」「営業職」「技術職」「写真記者職」の全4職種があり、600名程が配置されている編集部門をはじめ、販売・広告・事業・メディア・管理・制作など各職場で一人ひとりが個性を発揮し、精力的に働いています。

事業内容 「北海道新聞」の編集・発行、書籍の刊行、各種事業の開催、電子メディアによる情報配信など
代表者名 代表取締役社長 広瀬兼三
設立 (西暦)創業1887年 創刊1942年11月1日 
資本金 3億4650万円
従業員数 1393人(2017年1月現在)
事業所 本社:札幌、道内8支社39総支局、道外2支社1支局、海外駐在7ヵ所
沿革 1887年 北海道新聞のルーツ紙の1つ「北海新聞」が札幌で創業。1942年 道内11紙を統合し北海道新聞創刊
アクセス 地下鉄大通駅から徒歩1分、JR札幌駅から徒歩8分
HP http://dd.hokkaido-np.co.jp/
採用担当者 総務局総務グループ採用担当
メールアドレス ent2018@hokkaido-np.co.jp
電話番号 011-210-5511
Fax 011-210-5541
所在地 〒060-8711
北海道札幌市中央区大通西3丁目 6
ウェブサイト http://dd.hokkaido-np.co.jp/

記者職、写真記者職、営業職、技術職

募集職種 記者職、写真記者職、営業職、技術職

応募資格 1987年4月2日以降に生まれた方
勤務地

〒060-8711
札幌市中央区大通西3丁目6ほか

地図を見る
アクセス 地下鉄大通駅から徒歩1分、JR札幌駅から徒歩8分
最寄駅

地下鉄大通駅

勤務地備考 本社のほか、支社・総支局、道外支社・支局、将来的には海外駐在勤務の可能性も。
初任給 月給 226,350円
初任給備考

大卒22歳 226,350円(2016年度実績)

勤務時間帯

1日8時間(実働7時間) ※9:30~17:30が基本ですが、始・終業時間は配属先により異なります。

休日・休暇 週休2日制、年次有給休暇(20日)ほか、社員が働きやすいよう、各種制度があります。
福利厚生 契約する宿泊施設やスポーツクラブなどがあります。
待遇(手当・賞与・昇給など) 諸手当 家族手当、通勤手当、燃料手当、時間外手当など
賞与    年2回(6月・12月)
昇給    年1回(4月)
エントリー方法 筆記試験、作文、適性検査、個人面接、集団討論など(予定)
採用サイト http://jinji.hokkaido-np.co.jp/index.html